薬剤師 Wワーク

薬剤師としてWワークで働くには?

薬剤師としてWワークでアルバイト・パートを入れたいと思っている方もいらっしゃると思います。

薬剤師の魅力として、アルバイトやパートでも高時給が見込めることにありますね。

地域にもよりますが、時給2,000円以上の求人も珍しくありませんし、メインで勤めている調剤薬局や病院、ドラッグストアにプラスしてWワークで働く事により、高収入が実現できるのではないでしょうか。

薬剤師ダブルワークの求人自体は意外に多いですよ

特にWワークを歓迎している職場としては、調剤薬局とドラッグストアが挙げられますね。

『ダブルワーク可』『Wワーク可能』という表記だけでなく、『ダブルワーク歓迎』と表記されている求人もありますし、そのような薬剤師求人に履歴書を送ることで、スムーズに採用されるかもしれませんね。

注意点としては、すでに働いている薬局や病院、ドラッグストアがダブルワーク(掛け持ち)を禁止していないかどうか、ですね。

副業禁止規定が就業規則に記載されているかもしれませんし、その辺りは職場の先輩や管理薬剤師に聞くと良いでしょう。

掛け持ちOKかどうかを確認しましょう

薬剤師紹介会社を利用する方の中には、「多分、ダブルワークしても大丈夫です」と答える薬剤師さんも多いようです。しかし掛け持ち禁止の規定があれば、それに従う方が無難ですね。

就業規則と労基法がバッティングした場合、労基法などの法律が優先されるようですが、それでも禁止されていることを無理に押し切るのはリスクが高いです。

勤めている薬局やドラッグストア、病院の中には、規則上はダブルワーク禁止だけれども、暗黙の了解でスルーされていることもあると聞きます。

その辺りも含めて、一度職場で確認を取ると良いでしょう。その方が後ろめたさなくWワーク求人を探せますしね。

それでもどうしてもWワークが難しい、今の給料だと難しい場合は、転職も含めて考えてみてはどうでしょうか?

同じ職場で給与アップは難しくても、転職することで年収アップに成功した薬剤師さんは多いですよ。中には年収が100万以上アップした方もいますし、UターンやIターンと絡めて高収入の職場に転職した方もいます。

そのような情報収集も含めて、まずは薬剤師紹介会社のコンサルタントに相談されてみて下さいね。

業界最大級の求人数!リクナビ薬剤師で求人を探す