週2日 薬剤師バイト

家庭優先で週2日だけ薬剤師バイトで働く

「家庭優先で週2日だけ働きたい」、そのような希望を叶えやすいのが薬剤師バイトのメリットですね。

薬剤師バイトは求人件数が多いので、あなたの希望通りの案件が見つかる可能性も高いですよ。

子育てしながら両立できる薬剤師バイト、掃除や洗濯など家事と両立できる薬剤師アルバイトなど、まずは希望条件の整理から始めると良いですね。条件整理していれば、薬剤師紹介会社を利用する際、スムーズに気持ちを伝えることが出来ます。

逆に希望条件が曖昧なまま紹介会社を利用しても、スピーディーに仕事探しが進まないかもしれません。

まずはどのような職場で働きたいのか、調剤薬局、ドラッグストア、病院で週2日働きたいのか、もしくは製薬会社や治験企業、コールセンターを希望するのか…まとめることから初めて下さい。

扶養の範囲内で週2日働くには?

中には扶養の範囲内で働きたい薬剤師さんも多いと思います。扶養の範囲として、年収103万円の壁があります。103万円の範囲に収まれば、配偶者の扶養の範囲内で働けますし、週2日勤務なら、103万円以下で働きやすいのではないでしょうか。

ただし薬剤師バイトは高時給が期待できますし、最初から収入を計算しながら働くと良いでしょう。それには勤務先である薬局やドラッグストアの協力も大切になりますね。

たとえば時給2,000円で土日合わせて10時間働くとします。月8日勤務として16万円ですね。年間にして192万円になり、扶養の範囲から外れます。そう考えると、1日の労働時間を抑えるか、時給を抑えるか…二者択一になるでしょう。

しかし時給を抑えて働くのは現実的ではありませんので、労働時間や労働日数を抑えることになりますね。

その場合、103万円を超える前に職場の協力を得ながら休日を増やす、労働時間を減らしてもらう必要がありますので、最初から扶養範囲を希望して仕事探しを行って下さい。

薬剤師バイト探しは情報収集が大切

他にも家庭優先の働き方として、午前中のみ、午後のみ、シフトの融通が利きやすい職場など、希望条件は様々かなと思われますので、イメージ通りの薬剤師バイトを探してみて下さい。

自分ひとりでは情報収集に限界がありますので、薬剤師紹介会社を積極的に活用してみて下さい。

紹介会社を利用することで、最初から「家庭優先で働きたい」と伝えることが出来ますし、その希望に沿った薬剤師バイト求人を探してもらえますよ。

業界最大級の求人数!リクナビ薬剤師で求人を探す