週3日 薬剤師バイト

週3日勤務からOKの薬剤師バイト探し

週3日勤務まで幅を広げると、薬剤師バイトも探しやすくなります。

やはり週1日よりも週2日、週2日よりも週3日の薬剤師アルバイトの方が、選択肢は広がる傾向にありますね。

平日3日間なのか、金土日の3日間を希望するのか、もしくは週3日なら自由にシフトに入れるのか…まずは整理すると良いでしょう。その上で、薬剤師紹介会社に登録して希望条件をコンサルタントに伝えることで、あなたの代わりに薬剤師バイトを探してもらえますよ。

さらに週3日以上働ければ、より多くの薬剤師バイト求人に該当するのではないでしょうか。

調剤薬局内の調剤業務、服薬指導、ドラッグストア内のOTC業務、病院薬剤師の仕事を初め、治験会社やコールセンターのような企業からの薬剤師バイト求人も見られるかもしれません。

薬剤師バイトの効率的な探し方

薬剤師バイトの求人数自体は、地域によっても変わります。やはり東京、千葉、埼玉、横浜などの関東エリアは求人豊富ですし、大阪、京都、神戸を初めとした関西地方も薬剤師バイトを見つけやすい状況にありますね。

他にも名古屋、広島、福岡、鹿児島、仙台、札幌のような人口の多い都市は週3日勤務〜OKの薬剤師バイトを探しやすいです。

しかし人口の少ない地方都市や町村でも、薬剤師が少ない分、高時給で働きやすいという特徴がありますので、まずは就業希望地域で薬剤師バイトを探してみて下さい。

そのためには、あなたの居住地域に対応している薬剤師紹介会社を活用するのが近道ですね。週3日勤務の薬剤師バイトはハローワークでも見つけやすいですが(新着求人も多いです)、紹介会社を活用することで様々なサポートを受けられます。

中でも大きいのが、あなたの代わりに求人探しを行ってもらえることですね。ハローワークやアルバイト情報雑誌で仕事を探す場合、全て自分一人で行わなければなりません。

毎週バイト雑誌を購入してチェックしたり、頻繁にハローワークに通って新着求人を確認したり…それだけで多くの時間を奪われてしまうんですよね…。

暇な状況なら良いですが、育児や介護を行っていたり、プライベートの用事が多ければ、なかなか時間も取りづらいと思います。

しかし薬剤師紹介会社・転職求人サイトなら、あなたの代わりにコンサルタントが求人を探してくれますし、給与交渉、条件交渉、面接日の日程調整を初め、入職日の調整も行ってくれるんですよね。

週3日勤務で時給2,000円以上の調剤薬局(漢方薬局)が見つかったり、週4〜5日で好条件のドラッグストア求人が見つかることもあるでしょう。

育児優先(家庭優先)、プライベート重視を希望する場合も、まずは紹介会社の担当者に希望を伝えてみて下さい。あなたの希望条件にマッチした薬剤師バイトを探してもらえますので。

業界最大級の求人数!リクナビ薬剤師で求人を探す